« 藤圭子追悼番組のお知らせ~歌謡ポップスチャンネル | トップページ | 沢木耕太郎「流星ひとつ」 »

2013年10月10日 (木)

「さいはての女」「知らない町で」Blue-SpecCD2で復刻されます

SONYミュージック「大人のための音楽」シリーズで
藤圭子さんの初期の名盤
「さいはての女」と「知らない町で」が
次世代高音質CDで11/27に復刻されるようです

http://www.110107.com/mob/pageShw.php?site=OTONANO&ima=2648&cd=fujikeiko

しかも当時LPに封入されたポスターもCDサイズで復刻するようです

「新宿の女」「女のブルース」以外のオリジナルアルバムのCD復刻、
しかも高音質で封入ポスターもそのまま復刻と
かなり気持ちのこもった再発だと思います。
ファンとしては感謝しきりであります。

演歌というジャンルのことを考えれば、今の時代、このようなオリジナルの忠実な形での復刻はかなり異例のことのように思えます。

正直SONYミュージックさんを含めた日本のレーベルには
いろんな意味で、ほぼ期待することはなかったのですが、
今回の件でSONYミュージックさんの姿勢、
素直に当時の空気感もそのままに
時代を生きた素晴らしいシンガーやミュージシャンの
そのままの歌や音楽を伝えたいという姿勢に
私としてはとても真摯なものを感じました。

「知らない町で」は私にとって一番大切にしている圭子さんの曲であり、
「京都から博多まで」も圭子さんが残した数多くの歌のなかでもかなり特別な名曲だと思っているので、その2曲が収録されるアルバム「知らない町で」のオリジナルに忠実な形でのCD復刻は、私にとって本当に特別なことであります。

SONYミュージック殿、
本当に感謝いたします
ありがとうございました

圭子さんや石坂まさをさん、
関係者の皆様も喜んでいるのではないでしょうか

かどさん、情報ありがとうございました

Siranaimatidea

余談ですが、今回AMAZONで予約注文したのですが、
「宇多田純子さん安らかに」という藤圭子さん名義の追悼CDがセンチュリーレコードより発売されていることを知り、合わせて注文してしまいました。

大手レーベルではないように思われますが、U3名義で活動されていた頃の音源でしょうか、圭子さんが演歌にとどまらない活動を模索していた頃の作品を集めたもののようです。

http://newcenturyrecord.com/

« 藤圭子追悼番組のお知らせ~歌謡ポップスチャンネル | トップページ | 沢木耕太郎「流星ひとつ」 »

コメント

前回 発売された「新宿の女」
「女のブルース」はCDはすでに持ってはいましたが購入しています。
  従来のCDとの聴き比べなんていうのは 私には無理かもですが・・・
今回も もちろん予約いたしました。

先の2作以外 発売はないだろうなーと諦めていたので ほんと感謝ですね。
 予約の数によっては・・・他も。。。なんて期待してしまいますね。

圭子ちゃん関連は やはり手が出てしまいます。

ぜんぜん話は変わりますが
 昨日、YouTube作業していて こういう動画発見! すごい 芸能関係者の方なのでしょうか

http://www.youtube.com/watch?v=IF2VT4Oet5k

 

>Binitamさん、NAKAさん
 発売楽しみですね。U3STARは、宇多田ヒカルが9歳のころに、圭子さんがU3名義で自費出版に近い形で出したアルバムです。同時に出したシングルの「酒に酔うほど」が収録されていないのが、惜しまれるところです。しかも、宇多田ヒカルの部分は別売りです。

>NAKA
 動画見ました。デビュー当時はあんな感じやったんですね。当時がしのばれて、貴重な画像やと思います。YOU Tube 復活されたんですね。また、楽しみです。

私もCD本日予約しました。NAKAさん、かどさんのいうとうり予約やリクエストをして一点でも多くの復刻ができるといいですね。リクエストは何回かに分けてするつもりです。
なおCDにはポスターも封入されているんですね。どんな圭子さんなのかいまから楽しみです。
余談ですが、かつてTV番組『寺内貫太郎一家』(だったでしょうか?)でおばあちゃん(樹木希林)がジュリーのポスターをまじまじと観た後、名前をさけびながら身悶えするシーンがありました。
当時はこの場面が楽しみでよく笑っていたものです。いまならこのおばあちゃんの気持ち、よ~くわかります。(笑)
『きずな』今日購入しました。これから読みます。

>NAKAさん
 すいません、↑敬称抜けてました。

>皆様
 また、お知らせです。10月16日テレビ東京系、木8に、VTR出でるみたいですよ。曲名などは不明です。

かどさん情報ありがとうございます。私からもお知らせします。
本日(13日)の読売新聞の書籍広告欄に『きずな』が紹介されています。「追悼・藤圭子。育ての親がつづる幻の名著を緊急刊行!」とあり、圭子さんのアップの写真が添えられています。微笑んでいてとても素敵でした。
(他の新聞にもあるかも知れません)
早速切り取って同書の扉ページに貼りつけました。

>皆様、黒うさぎさん
 上の情報ですが、本日のカラオケバトルの後の番宣で、お知らせであったような気がしたのですが、16日は木曜日ではないので、勘違いであったようです。申し訳ありません。また、何かあったら、ご報告します。
<黒うさぎさん
 産経には乗ってませんでした、残念。でも、「絆」は注文しました。


お初です。

10月16日テレビ東京系の番組「懐かしの昭和メロディ」で1時間過ぎた辺りでした。
追悼・藤圭子さんということで八代亜紀がゲストで出演してましたよ。
インタビューで海老名香葉子が思い出語ってました。
自分の持ち歌とは裏腹にサンバとかもっと明るい歌を唄いたいって言ってたらしいですね。(笑)

曲目は「圭子の夢は夜ひらく(当時28歳)」「女のブルース(当時28歳)」「新宿の女(当時44歳)」

以上、3曲でした。

30年くらい前でしたかね。街中で偶然、藤圭子さんを見たことがあるんですけど、テレビで見る印象よりかなり華奢に見えました。相変わらず、お人形さんのように綺麗な顔立ちでしたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55174/53557080

この記事へのトラックバック一覧です: 「さいはての女」「知らない町で」Blue-SpecCD2で復刻されます:

« 藤圭子追悼番組のお知らせ~歌謡ポップスチャンネル | トップページ | 沢木耕太郎「流星ひとつ」 »